中古車購入の際のエンジンチェックの方法

安い車や、レアな車を探すのに、中古車はとても便利な存在です。
しかし、言わずと知れた、誰かが使った車です。
中古車の購入の際には、新車とは異なり、ある程度のリスクが伴います。
リスクを少しでも減らすには、自分の目で車のコンディションをチェックすることが大切です。

中古車選びに、外装や内装のチェックは大切な項目です。
でも、最も重要なチェック項目といえば、やはり、エンジン部分です。
エンジン部分は、様々なパイプや容器などで構成されていて、素人には複雑で、チェックが難しいという面があります。
しかし、安全に車を走行させるためには、エンジン部分のチェックを外すことはできません。

とりあえず、キーを差し込んで、エンジンをかけてみましょう。
そして、耳を澄まして、エンジンの音をよく聴きます。
このとき、”キュルキュル”もしくは”カラカラ”といった何かに引っかかるような音がしないかを確認します。
万が一、このような音が聴こえていたら、異常音であることが多いので、迷わず店員に原因を聞いてみましょう。

素人が、エンジン音を聴いて違和感があるのは、それだけで異常のサインです。
エンジンルームを確認する方法もありますが、大抵、綺麗に磨き上げられていることが多いため、異常を見つけるのは難しいです。
まずは、エンジン音をしっかりと聴き分けることが、素人にとって簡単なチェック方法といえます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。