保証付きの中古車の購入がお薦め

車は、約3万点もの部品から出来ているといわれています。
また、コンピューター技術の発展に伴い、車もコーンピューター制御されている箇所が多くなっています。
そのため、非常に精密になっているうえ、構造も複雑になっています。
したがって、どんなに性能の良い車であっても、故障がゼロということはありえません。

どのような機械でも、構造が複雑になればなるほど、故障したときの修理費用は高額になる傾向があります。
それは、車においても同様です。
特に、中古車においては、前の使用者の使用・管理状態や経時によって、自然摩耗しています。
そのため、新車に比べて故障を起こすリスクが高いです。

ところが、中古車市場では、保証を付けることは特に義務づけれていません。
中古車の買主は、自然摩耗が原因となる故障が起きる可能性があることを承知していると解釈されているため、販売店が責任を持つ必要がないと考えられています。
しかし、一部の販売店では、様々な工夫によって保証を付けているところもあります。

安く購入したにもかかわらず、保証が付いていないために、修理費がかさんでしまったというケースは、多く見受けられます。
一方、保証が付いている車なら、修理費をカバーできるので、金銭的な負担が少なくて済みます。
保証付きの車は、少々割高になりますが、後々のことを考えると保証付きの車を購入するのが賢い選択ではないでしょうか。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。