安くても購入を避けた方が良い中古車

車は、車種や性能によって、運転の仕方が異なります。
さらに、運転手の運転によっては、車に個性的な癖がつきます。
中古車を購入する場合、前のオーナーの使用方法が、大切な情報となります。
とくに、気に入った車が、事故車かどうかは、とても重要です。

事故車は、正確には修復歴車といいます。
修復歴車の定義は、キチンと定義されており、フレーム・クロスメンバー・インサイドパネル・ビラー・ダッシュパネル・ルーフパネル・フロア・トランクフロアの車の骨格部位に損傷または修復されている車をいいます。
また、ラジエータコアサポートが交換されており、かつ隣接する骨格部位に凹みや曲りまたは修理跡があるものを修復歴車といいます。
一般的に、修復歴車は、価格落ちします。

そのため、事故車は、通常の中古車よりも安く手に入れられるというメリットがあります。
一度、損傷してしまった骨格部分は、修復しても完全に戻すことは不可能です。
車体に歪みが生じていることが多く、車の走行性能が著しく低下するという大きなデメリットがあります。

中古車は、安く手に入れられることが魅力的な商品です。
けれども、運転技術があまりない人が、事故車を購入するのは避けるのが良いでしょう。
自分の運転技術と購入した車の性能が、うまく合わないと安全性に問題が生じてしまうことがあります。
購入には、安全性を最も重視する必要があります。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。