中古車を購入するために必要な書類

中古車を購入する際には、様々な書類を準備しなければいけません。
種類が多くあるので、準備するのが大変なイメージがあります。
けれども、用意する書類の内容をしっかりインプットしていれば、準備自体は意外と簡単にできます。

下取りをしてもらうクルマがない場合、準備する書類は、実印・印鑑証明書、そして、車庫証明書です。
実印については、軽自動車の場合は、認印でも良いことになっています。
また、印鑑証明書は、発行から3カ月以内のものを準備しますが、軽自動車の場合は、3カ月以内の住民票でも良いです。
購入したクルマを保管する場所を証明する車庫証明書は、保管場所を管轄する警察署に申請することによって、後日、交付されてきます。

中古車の購入の際、下取りしてもらうクルマがある場合は、前述の書類に追加するものがあります。
自動車納税証明書、譲渡証明書、委任状が、必要になります。
自動車納税証明書を紛失している場合は、車検証と印鑑を持参して、自動車税管理事務所か都道府県の税務署で納税証明書を発行してもらいます。
譲渡証明書や委任状の用紙は、中古車販売店で用意してくれることが多いです。

必要な書類の種類と入手先の把握さえできれば簡単です。
購入に必要な書類を効率良く準備することは、事前の行動としてとても大切です。
そうすることで、納車までの手続きがとてもスムーズに行うことができます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。