中古車購入における車検の表記の誤解

中古車の購入の際に、重要な判断材料となるのが車検の残存期間ではないでしょうか。
車検は、クルマを公道で走らせるために、何年かに一度は受けなければならない公的な制度です。
クルマを所持する上で、意外と侮れない維持費です。
折角、中古車を購入するのであれば、できれば次回までの車検の期間が長いクルマを選びたいと思うのは、仕方がないことです。

販売店に足を運ぶと、クルマに「車検2年付」または「車検なし」という表示を目にします。
「車検なし」の表示は、見た目そのままなので問題はありません。
ところが、「車検2年付」という表示をそのまま解するのは、正しくありません。

「車検2年付」という意味を、「2年間は車検に関する費用が必要ない」と解する人は、少なくないようです。
ところが、「車検2年付」という用語は、中古車業界特有の表現で「2年車検に必要な整備費用を車両本体価格に含んでいまます」という意味です。
したがって、整備費用以外の車検にかかる費用は、別途必要になるということです。

見た目は簡単な表記ですが、その意味は大きく異なります。
小さな誤解が、後で、大きなトラブルになるとも限りません。
クルマの購入の際には、表示されている意味が、自分の認識と異なっていないか確認することが必要かもしれません。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。