軽自動車の中古車が値落ちしにくいワケ

普通車の中古車価格は、数万円から数十万円というものが多く、新車に比べかなりお得感のある価格設定になっています。
ところが、軽自動車の場合、期待するほどの値がついていないものが、多く存在します。
一体、その理由は、何故なのでしょうか。

古くなればなるほど安くなるのが、中古車の魅了です。
けれども、軽自動車に関しては、この方程式が当てはまりません。
商品の価格は、需要と供給のバランスで設定されるのが基本です。
需要が大きければ、価格は高めに設定されることが多いです。

軽自動車は、免許取立ての人・主婦や高齢の人にとって、小回りの利くクルマは非常に便利な乗り物といえます。
また、税金やタイヤなどの消耗品などの維持費も安いため、幅広い年齢層に人気があります。
そのため、便利でランニングコストの安い軽自動車の購入を検討している人は、新車よりも出費が抑えらえる中古車に興味を示す傾向があります。

つまり、軽自動車は、経済観念の高い人の需要が大きいために値落ちしにくいのです。
また、クルマの利用も近所への買い物など活動範囲が狭いため、購入者は、廃車寸前まで生活の足として使うことも、値落ちしにくい理由です。
値落ち率の低いのは残念ですが、軽自動車は、それだけ時代のニーズに適したクルマといえるのかもしれません。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。