中古車を購入するベストなタイミング

クルマの購入は、とても高い買い物です。
新車よりもクルマを安く購入できる中古車でも、数十万円はします。
できれば無駄な出費は抑えて、可能な限り安くクルマを手に入れたいと考える人は多いのではないでしょうか。

クルマを少しでも安く購入するためには、購入する時期がポイントとなります。
一般的に、ボーナスの後は、金銭的な余裕が出来るため、高額な商品を購入しようと考える人が多いです。
つまり、夏のボーナス期の6月・7月、冬のボーナス期の11月・12月は、クルマが売れる時期といえます。
また、卒業・就職などでクルマの購入が必要になる2月から4月もクルマがよく売れる時期です。
車買取査定で最も高く売る方法というものが存在するわけです。

需要の数が、供給の数よりも大きくなる時期は、市場に出回るクルマの台数が不足がちです。
したがって、販売店は、あえてこの時期にクルマを安く売る必要がありません。
クルマを安く購入するには、クルマが売れない時期を狙うのコツです。
つまり、販売ピークが落ち着き、売れ残りが出てくる4月後半から5月が、中古車の購入にベストなタイミングといえます。

中古車の相場は、日々変動します。
差し迫ってクルマが必要だという特別な事情がないのであれば、価格相場が下がり安い時期にクルマを購入するのが得策です。
加えて、価格相場が下がっている時期は、値下げ交渉もしやすいというメリットもあります。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。