中古車を購入して憧れの輸入車に乗る

輸入車といえば、ベンツ・BMW・ゴルフなどの欧州車を始め、シボレー・ハマー・クライスラーなどのアメリカ車が良く知られています。
多くの人が、一度は乗ってみたいと憧れる車ではないでしょうか。
しかし、輸入車は、関税の関係で値段が、国産車に比べて非常に高いです。
新車で購入するとなると、1千万円を超えるものが多いため、購入を諦めてしまう人が多いのが現実です。

しかし、高級な輸入車であっても、値落ちはします。
さすがに、人気車種になると、3年落ちでも半額にはなりませんが、車種によっては、新車の国産車の値段より安い中古車もあります。
つまり、中古車を探せば、今まで高額で手の届かなかった輸入車に乗れる可能性が出てくるのです。

輸入車の中古を探す注意点は、国産車の場合と基本は同じです。
ところが、輸入車を購入後の車に対する考え方は、ちょっとした注意が必要です。
海外では、車は故障するものという認識ですが、日本では、車は故障してはけないものという認識があります。
しがたって、車に対する考えの違いから、車の作りに違いがあります。

購入後は、日常的に点検することや、自分である程度メンテナンスを行えることがベストです。
つまり、輸入車に乗るということは、中古車であっても、多少の覚悟が必要となります。
しかし、憧れの車に乗るためには、多少の手間は惜しまないで欲しいものです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。